大学生でもプロミスを使えば学生生活をエンジョイできる

大学生の生活はお金がなくてもかかります。勉強が忙しい上に、仲のいい友人やサークルの仲間と学生時代の思い出を作らなければいけません。もちろん思い出を作るにはお金がかかります。大学生の中には、親から仕送りをもらっただけでは足りず、アルバイトをしなければいけない人も数多いです。これでは、楽しい学生生活が楽しめませんよね。そんなときに、消費者金融のプロミスの利用者の私の体験談を紹介します。学生だから体でお金が借りられないわけではなかったのです。

【1】自己紹介

私は21歳の大学3年生です。今岡就職活動の真っ最中です。就職活動にはとにかくお金がかかります。就職活動の準備だけで出費が15万円かかってしまいました。就職活動用のスーツや、新しい印鑑作成など、まとまったお金が出て行ってしまいました。大手の企業では就職する際にテストが課せられるため、書籍の購入も必須です。必要なものなので、文句を言わず買うしかありません。しかし、親の仕送りとアルバイトの収入5万円だけでは、どうしてもきつくなってしまいます。そんな時に試しに消費者金融のプロミス利用してみようかな、と思いました。

【2】大学生なのに大丈夫

一般的に消費者金融というのは、お金を買った相手は社会人なのが一般的です。それは社会人は定期的な収入があるため、お金を返してもらいやすいということなのです。大学生の場合は原則としてお金を借りることができないです。しかしプロミスが違いました。定期的に収入があることを証明できれば、大学生のような私でもお金を借りることができるのです。審査に通るかどうか不安でしたが、プロミスのATMで30分くらい待ってるだけで、審査に通過したとの連絡が来ました。私は助かったと思いました。

【3】親に迷惑をかけないで済んだ

その日は3万円だけ借りて家路に着きました。就職活動でお金がかかっても、おいしいご飯を食べることができます。親にも迷惑をかけることがありませんでした。仕送りだけでも、申し訳ないと思っているのに、さらにお金を送ってくれというのはさすがに気が引けます。プロミスのおかげで、部屋にお金を無心することなく、ピンチをしのぐことができました。社会人になっても、プロミスのキャッシングは使えそうなサービスだと思いました。

●まとめ
一流消費者金融のプロミスは、大学生の味方です。就職活動や学業・恋愛でも、お金が必要になることが多いでしょう。ピンチに陥った人は、プロミスを利用しましょう。アルバイトの収入がありさえすれば、大学生でもお金を借りることができます。プロミスは、大学生におすすめのキャッシングといえます。”

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る