レディースキャッシングのデメリット

レディースキャッシングは、女性のためにキャッシングを利用しやすいようにはじめられたものでありますが、このキャッシングにもデメリットはあります。その部分について先に知っておいたほうがいいものがありますので少し紹介しておきます。

1 金利が高め

レディースキャッシングについては、消費者金融でのサービスがされているものであり、銀行系カードローンなどにはないサービスであります。ですので、基本的に金利面での負担が多きものであり、上限が大体18パーセントから20パーセントほどの金利で運用されていますので、金利面では高くつきやすいにあります。もし金利が気になる場合には、より金利の少ない会社を選ぶなど別の借入先を検討する必要があります。

2 借入限度額が少なくなる可能性がある

レディースキャッシングを利用するときには、借入限度額がかなり減るケースがあるといえます。会社にもよりますが、そもそもその会社自体の借入限度額が少ないというようなケースも多く、大手の消費者金融ならまだしも中小の企業でありますと数十万円単位でしか借りられないケースがほとんどであるといえます。また、収入が低かったり、安定した収入がなかったりなどしますと、より借入限度額が少なくなります。レディースキャッシングでは、通常よりも借入限度額が少ないケースが出ますので、注意が必要です。

3 配偶者貸付について

配偶者貸付で融資を受けたい場合には同意書が入りますので、内緒でお金を借りることはできません。また、総量規制で、専業主婦の方はそもそもお金を借りられない可能性があります。そういった場合には、別のところで内緒で借りられる方法や、無職でも借りられるようなところで借りるなど別の手段を講じる必要があるといえます。

レディースキャッシングでお金を借入する際の注意点は

  • 借入金の金利が高くつく
  • 借入限度額が大きくない
  • 配偶者に黙っては借りれない
  • そもそも、借りれない会社もある

といった、ことが考えられます。もし、レディースキャッシングを使うよりも金利面などの条件でいい消費者金融や銀行系カードローンがあるのであれば、そこを使うべきであると思います。

しかし、どうしてもレディースキャッシングを利用したいというときには、利用する会社をよく選んでからキャッシングをするべきではないかと思います。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る